カテイサイエンまとめ

家庭菜園情報まとめ  何かの参考になれば、と…

ホウレンソウ

おひたしがお好き?ソテーがお好き?

好みはあれど、お手軽に挑戦できそうな葉菜類の代表「ホウレンソウ」

野菜の中で鉄分が最も多く、鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富。カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどビタミン類も多く、葉酸、食物繊維も豊富。

含まれるシュウ酸は結石の原因といわれているが、ゆでて水に溶出するので、大量に食べなければ大丈夫。

f:id:yukihori-oyaji:20200501111915j:plain

1. いつ植える? 収穫は?

寒地寒冷 種蒔          
生育        
収穫        
地域 作業 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
温暖地 種蒔          
生育    
収穫    
地域 作業 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
暖地 種蒔      
生育  
収穫  

 発芽地温:15℃~20℃前後

 

 

2. 肥料のおすすめは?

土壌の酸性が強い場合は生育が悪く不ぞろいになるので、タネまきの2週間以上前に苦土石灰を全面に散布して深く耕す。1週間前に堆肥と元肥。畝幅は60~90cm程度。

 

まき溝は、深さ1.5~2cm、幅3cmほどの溝。種を間隔1~2cm程度になるようばらまき、約1cmの厚さに土を被せて軽く押さえ、しっかりと水やりする。

まき溝の条数は、畝幅が60cmでは4条、90cmでは6条程度。

 

タネまき後、発芽まで乾かないように水やり。5~7日ほどで発芽。

1回目の間引きは、本葉1~2枚の時に株間を3cm程度にする。

2回目の間引きは、本葉3~4枚の時に株間を6cm程度にする。

追肥は2回目の間引きの後、化成肥料=約50g/㎡を条間にばらまく。

 

 

3. おすすめのコンパニオンプランツは?

葉ネギがホウレンソウの硝酸を減らし、ネギの根に共生する拮抗菌が、特定の病原菌を抑える

ホウレンソウのすぐ近くで育てることで、効果を発揮。

 

 

4. 病気・害虫は?

病気では、べと病が気温10℃内外の頃、特に畑が多湿で風通しの悪いところに発生。べと病は抵抗性品種を選んで栽培することでかなり防ぐことができる。

モザイク病などのウイルス病対策として、アブラムシの飛来防止が重要。アブラムシの多い時期では、寒冷紗やベタがけ資材による被覆が効果的。

 

害虫はアブラムシ、ヨトウムシ、ネキリムシなどに注意し、早めに駆除。

 

 

5. 連作障害は?

連作障害あり。

輪作年限=1年。 1年以上開ければ大丈夫。

 

 

6. 撤収したら?

  • 寒冷地でも温暖地でもほぼ年中栽培可能なので、様々な作物収穫の後に便利に使えるのがホウレンソウのいいところ。

 

7. 種を探す