カテイサイエンまとめ

家庭菜園情報まとめ  何かの参考になれば、と…

ダイコン

辛いのがお好き?甘いのがお好き?

好みはあれど、一度は挑戦してみたい根菜類の代表「ダイコン」

アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が含まれる。アミラーゼ(でんぷん分解酵素)効果、プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)効果、リパーゼ(脂肪分解酵素)効果を期待するなら、大根おろしをからめて食べると良い。大根の葉はβ-カロテンを多く含む緑黄色野菜で、カルシウムや鉄などのミネラル類や、葉酸、ビタミンEなども含む。

カルシウムの含有量は、野菜の中でも上位。

f:id:yukihori-oyaji:20200430093924p:plain

  • 分類:アブラナ科ダイコン属
  • 畝幅:60~70cm
  • 株間:25㎝~30㎝
  • 土壌:中酸性~中性

     

1. いつ植える? 収穫は?

寒地寒冷 種蒔            
生育       ○  ○     
収穫            
地域 作業 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
温暖地 種蒔                  
生育              
収穫            
地域 作業 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
暖地 種蒔              
生育              
収穫            

 発芽地温:25℃前後

 

2. 肥料のおすすめは?

タネまきの2週間前迄に苦土石灰と堆肥を深く(30~35㎝)耕す。

1週間前に化成肥料を加えて耕す。

種蒔は、1つの穴(深さ1.5㎝ほど)に5~6粒をばらまき、1㎝程度の土をかけたら軽く押さえる。

適期にまけば2~3日で発芽。

間引き1回目は、子葉が完全に開いた時、形の良いものを残して3本立ちに。

2回目は、本葉2~3枚の時に生育が平均的なものを残して2本立ちに。

3回目は、本葉6~7枚の時、元気のよいものを残して1本立ちに。

 

追肥は2回目と3回目の間引き後。

株のまわりに1㎡当たり化成肥料1握り(約50g)をばらまく。

軽く土と混ぜながら株元に土寄せする。

 

3. おすすめのコンパニオンプランツは?

ダイコンはモンシロチョウなどに狙われやすい野菜。

モンシロチョウはアブラナ科植物に卵を産み、幼虫がダイコンの葉を食べる。

ダイコンの周りにキク科の野菜を植えると、 ダイコンに寄りにくくなる。

混植でダイコンのすぐ近くで育てることで、効果を発揮。

 

ダイコンとニンジンの混植でもモンシロチョウを予防することができる。

混植する事で、 ニンジンとダイコンの区別がつかず卵を産みにくくなる。

ダイコンもニンジンも種まきの時期が似ていて同じ土質で育てることがでる。

 

エダマメなどのマメ科の野菜は、根に根粒菌と呼ばれる菌をもつ。

根粒菌は共生しているマメ科野菜にだけでなく土にも栄養を残し、 その栄養分がダイコンにも有効。

 

4. 病気・害虫は?

最も被害の大きいのはウイルス病と軟腐病。

ウイルスを防ぐにはアブラムシを防除する。

土の際から腐って悪臭を放つ軟腐病が発生したら抜いて処分する。

害虫はアオムシ、ヨトウムシ、キスジノミハムシなどに注意。

 

5. 連作障害は?

ダイコンは連作障害を起こしにくいほう。

2~3年は同じ場所で育てても大丈夫。

 

6. 撤収したら?

  • 寒冷地で「6月から11月頃」に収穫すると考えて、8月頃に植えるものといえば…  小松菜、ホウレンソウ、チンゲンサイ、タァツァイ、レタス など

 

  • 温暖地や暖地で「6月頃」に収穫すると考えて、8月頃に植えるものといえば…  キャベツ、小松菜、チンゲン菜、九条ネギ など

 

  • 温暖地や暖地で「1月頃」に収穫すると考えて、2月頃に植えるものといえば…  キャベツ、小松菜、チンゲン菜、ネギ、ブロッコリー など

7. 種を探す